W不倫は相当な覚悟がいる

W不倫をする場合は相当な覚悟が要ることを理解しておきましょう。

お互い既婚者ですから、バレてしまった場合のリスクは大きいのです。

W不倫は難易度が高い

たまたま好きになった人が既婚者だったという話はよくある話です。

それによって不倫がスタートすることもよくあります。好きになった相手が既婚者だったというのはどちらかが独身のケースによくあることです。

しかしW不倫というのはお互い既婚者です。お互いに既婚者なのに好きになることがあるのでしょうか。

W不倫は家庭がうまくいっていないケースに多い

W不倫に多いのは家庭がうまくいっていないケースです。

大半の場合がどちらか、もしくは両方の家庭がうまくいっていないというケースに多いと言われています。

うまくいっていないといってもそれぞれの家庭によってレベルが違っていると思うのですが、冷め切っている家庭もあれば、何か問題を抱えている家庭もあるでしょう。

そのような毎日の中で家庭以外に癒しや刺激を求める気持ちが強まり不倫に走るケースが多いのです。

バレれば相当な痛手

W不倫はお互いに家庭がありますので、万が一バレてしまえばそれは相当な痛手となります。ですから本気でその時のことを考えた上で不倫しなければいけないのです。

不倫マジックと呼ばれる、燃え上がる気持ちに左右されて流されてしまったがばかりに、幸せだった家庭が崩壊してしまうこともあります。

そうならないように、リスクが大きいということをしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

W不倫の行く末はありません。そしてW不倫がバレたときには、お互い家庭を失うこともあります。既婚者同士がW不倫をするということは相当な覚悟を持ってしなければいけません。その覚悟があるなら不倫ができるサイトを覗いてみてもいいかもしれません。

W不倫相手と結婚をすることは可能なのか

最近は独身と既婚者の不倫というスタイル以外に、お互い既婚者であるW不倫も流行しています。

W不倫から結婚をしようと思ったら、お互い家庭を捨てて再婚をしなければいけないのでかなりハードルが高いです。

円満に結婚したければ不倫を悟られないこと

W不倫から結婚したいと思っているのなら、お互いにまずは離婚しなければいけません。

その時の注意点としては、お互い不倫していた事実を配偶者に悟られることなく、別の理由であたかも離婚したようにして離婚をする必要があります。

W不倫があからさまになった状態で離婚を願い出た場合には自分側に落ち度があることになり慰謝料の請求などがあるかもしれません。

そしてすんなりと相手が離婚してくれないのです。ですからW不倫の事実は隠した上で離婚を切り出すことが重要です。

W不倫が万が一ばれたら

W不倫をしていることが万が一バレてしまった場合の慰謝料はどうなると思いますか?

慰謝料を請求するのは大半が不倫をされていた側の妻からです。もちろん場合によっては配偶者である夫からの慰謝料の請求もあります。

その場合は新しい生活をしなければいけないのにも関わらず慰謝料をお互いから請求されることになります。

法律上請求する人、される人が違うので、別々に請求されていると思うでしょうけれど、結局将来的に結婚するのであれば、慰謝料の支払い元は一箇所ということになってしまいます。

離婚が成立しても

不倫の末離婚が成立してもすぐには籍を入れることはできません。

ご存知のとおり女性は離婚して半年経たなければ再婚ができないのです。

ですから法律上半年経たなければいけないことは覚えておきましょう。

W不倫はお互いに気を遣いながら慎重に行動するのでバレにくいと言われているのですが、結婚を将来したいと思っているのなら絶対にバレてはいけません。

オススメ→不倫アプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です