不倫を続けようとする心理とは

不倫を悪いこととは思っていても、男性は続けてしまうことが多いです。女性から「私と奥さんどっちをとる」と迫られても、のらりくらりとかわして、続けようとするものです。男性のそうした不倫を続けたがる心理をみていきましょう。

不倫相手は都合のいい存在

不倫する男性は、家庭や仕事にストレスを抱えていることも多いです。奥さんや子どもとあまり仲がよくなかったり、仕事でも業績があげられなかったりといろいろあります。そんなストレスを不倫にて発散しているなんてことも多いです。不倫相手の女性には、愛しているなんていっても結局は自分のストレス発散や気分転換のためにという心理が強いのです。その証拠に人目をさける、自分の都合のいいときだか女性と会う、連絡もタイミングを計るなど、バレないようにといいながら自分のタイミングに合わせることを女性に要求するものです。それが通り続けると、だんだんと女性を軽く見るようにもなります。

その一方で、そんなおいしい関係だからこそ、止めたくない続けたいという気持ちも湧いてくるものです。誰でもら自分に尽くしてくれるような人ならば、そばに置いておきたいでしょう。
それは、愛情とかよりも自己満足のためにということがほとんどです。
特に女性が癒してくれる、セックスが上手い、美人だったりとするならば、なおさら男性はそうした気持ちにもなるし、所有欲も強くなるものです。

家庭とは天秤にかけられない

女性からすると、好きになってしまい不倫をしてしまうこともあります。男性が好きだといっても、結局は家庭と不倫相手を天秤にかけれるかというと、かけれません。かけても結局は、家庭をとる男性が多いものです。家庭をとる方がリスクも少なく、例えば離婚の手続きにかかる労力や費用、社会的信用、会社での立場などさまざまな面で、不倫相手をとるとリスクやデメリットを負います。大抵は、無意識にそれをわかっているものです。ですので、別れるならば仕方ないがそれでも、家庭を捨てずに続けられるなら続けたいという気持ちにもなるものです。

最後に

男性からすると、不倫で別れるのはまあ仕方ないと割りきっている面もあります。続けばいいかなと思ってもいます。だからこそ、女性に甘い言葉をかけて、気をひいていることもあります。男性の心理ではやはり、不倫は遊び岳にすぎないと言えるでしょう。
女性のみなさん、不倫を何としても続けようとする男性を信用するのは、とても危険なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です